読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジンの「お買い物」ならココがおすすめ | デッドニング

効果をMAXです。裏面に粘着剤がついているので!そのままでも貼れるけど念のためにスプレーのりを使用して張り付けました。ゼトロは切りやすく張り安いので作業は楽です。

コチラです♪

2017年01月30日 ランキング上位商品↑

エンジン デッドニング【在庫あり即納・送料400円〜】ゼトロ耐熱吸音シート特大!ロードノイズ対策・エンジンルーム防音対策に!デッドニング材【ID:13】05P03Dec16

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

ステップrk5乗りです。なので施工するまえに一度干して匂いを出してからの方がよいと思います。他にレジエトレックス制振シート等も貼りましたからどれが効果的であったか不明ですがほぼ不快な作動音は聞こえなくなりました。もうすこし単価が安ければ文句のつけようがない製品だと思います。梱包はしっかりしていて大変良かったです。車全体で10万円ぐらい使いました。天井に本製品を貼り付けた後は、天井を打ち付ける雨の音がずいぶん大人しくなりました。夏のきつい日差しはその多くが天井に当たりますが!本製品は断熱材の役割を果たしくれ!車内が暑くなることをいくらか防いでくれます。コード等が邪魔で初めての方には難しい場合もありますので。たぶん施工前の10分の1近くにまで消音されているでしょう。本製品は吸音材なので、基本的に単体での使用をしません。雨音がまったくしません。鼻にくる匂いなので、結構つらいです。まず最初にお断りしておきますが、施行箇所は天井です。このフロントウィンドウには当然容赦なく雨粒が打ち付けられますし!フロントウィンドウにデッドニングをすることは不可能。ZRE186オーリスの天井に本製品を取り付けました。ボンネット裏!タイヤハウス等に張ると2枚では少し足りなかったが!効果は十分ありました。一桁台の気温で夜!完全に冷え切ったクルマに乗り込むと!確かに最初は寒いものの!乗り込んでから待機していると車内がわずかに温かくなったように感じられます。パーマをあてるときの鼻にツンとくるような感じの匂いがありますので!天井などに施工する場合!日中は天井が熱くなるため匂いが室内に充満します。定番の防音材で中高音には確かに効果ありますね。なお!制振シートは密度が高いのか!熱を即通します。曇りから日が差した瞬間でさえ急に温かくなることがわかるほどです。制振材+吸音材の場合、制振材のみよりも雨音が半減されていました。冷房や暖房に頼る割合が減ると思われ、プラシーボ程度かもしれませんが経済性の向上も期待できそうです。今回の場合も本製品を貼り付ける前に!レジェトレックス制振シート(遮音材にもなる)を貼り付けています。エンジン音が遠くに聞こえます。よって!天井のデッドニングに興味のない方には意味が無いかもしれませんし!本製品単独でのレビューが出来ないことをご了承願います。ただし、先に書きましたとおり、本製品はその性質上から制振シートの上に貼り付けています。ロードノイズ対策に最適です。デッドニングの効果をはっきりと体感できます。実際!晴れた日や雨降りの日に制振材だけ施行した箇所に触れると!簡単がよくわかります。ただし、感性の領域なので、感じ方が人により異なることにはご注意を!本製品は吸音材ですが、遮音材としても期待できるようです。室内のタイヤハウスに使用しました。そして本製品の本来の役割はデッドニング。初心者ですが3時間程で出来ました。この製品は若干臭いますので車内はお勧め出来ません。走行中だとルーフのデッドニングに対する効果をはっきりと体感することが出来ませんが!代わりにエンジン音とロードノイズが気になるようになりました。エンジンからの騒音を減らす目的で使用しました。効果が体感できたので非常に満足です。使い分ければいいだけですが。バルクヘッドに施工しました。旅先のトラブルで車中泊が必要になった際や、単純にエコのためです。逆に寒い時期は、車内の熱が天井から外へ逃げることをいくらか防いでくれます。以前ボンネット裏への施工で使用して!遮音!断熱面で効果ありと感じたため!今回ドアのデッドニングにも使用しました。というわけで!皮肉な結果にはなりましたが!目的達成です。雑音に神経質で遮音や音響に投資を惜しみなくできる方用です。。車内側からバルクヘッドに貼り付けて!インパネ内の空洞に細丸めて押し込んだらエンジン音が小さくなって音質もマイルドになりました。今回!ボンネット裏のデッドニング用に購入しました。もちろん!本製品を貼り付けた後はさらに消音効果が高まることは間違いありません。雨降りの時に天井に打ち付ける雨の音を聞き比べると、はっきりと違いを感じられました。購入の際はご自分の車の施工場所をよく確認してからをお勧めします。シンサレートもいいですが、毛羽立ちが激しいので施工しづらくまた、電装品付近はマイクロファイバーが悪さしそうで怖いです。いつか追加します。しかし!制振材だけでも十分に効果があり!制振材のみと制振材+吸音材を比較する以前に!窓に打ち付ける雨音の方が圧倒的に気になりました。雨音の比較だと鉄板とガラスでは!鉄板の方が大きい音になるものなので!ここをデッドニングすることは大きな意味があると言えます。ただ!ZRE186オーリスはメーターがスポーツハッチバックと謳っているとおり!スポーツを意識したスタイルを保っており!平均的なクルマよりフロントウィンドウが寝ています。唯一注意したいのは匂いです。金額が高いのがネックですが、この素材が一番良かったです。一緒に施工したレアルシルトの効果もあると思いますが!ボンネットをノックした時の音が響かなくなりましたし!走行後のエンジンが熱い状態の時でもボンネットは熱を帯びていません。主な目的はタイトルの通りです。また利用したいとおもいました。できれば!レアルシルトとエプトシーラーの同時施工がおすすめ。粘着剤が施工されていますので、ペタッと貼るだけの簡単施工です。逆に!冬は雪が積もりやすいのかな?来シーズン確認します。本製品を累積で3枚購入していますが、まだ一部足りませんでした。しかも、本製品の前にレジェトレックス制振シートを貼り付けています。まあ本当は材料が足りなかっただけなんですが!これで制振材(レジェトレックス制振シート)のみと制振材+吸音材(本製品)で比較することが出来ます。ボンネットへの施工では!走行直後にボンネットに手を触れても熱くなく!これなら走行直後にWAXもかけられるなと思いました。車の天井のデッドニングに使用しました。フロアにも施工したいですけどとんでもない金額になりそうです!もっと安ければ(^^;;ハイエースに使いましたが大きくて一枚で大部分カバーできました。効果があることははっきりとわかったので!追加購入して天井全面に施行したいと思います。つまるところ、暖房を使おうが、冷房を使おうが、熱の出入りが少ないので空調の節約になります。スマホアプリですが測定結果としては、マイナス8〜10dbでした。ルーフに本製品を取り付けてみました。それも!制振材+吸音材では吸音材が断熱材として働き!触れても天井の熱が伝わってきません。エンジンかけて効果を直ぐ実感出来ました。ただ費用対効果で考えると?です。N−BOXのワイパー作動音が気になって、メーカー対策を実施後にバルクヘッド内に貼り付けました。そうして、いくら天井のデッドニングをしても、今度はフロントウィンドウを打ち付ける雨音が気になるようになってしまいました。ガラスにあたる雨の音が聞こえるようになりました。よって、制振シートは寒暑対策になりません。でもそれでは本製品の本当の効果がわからないため、添付写真のように天井のほぼ半分だけ本製品を貼り付けました。ほか!制振材だけだと天井の熱がよく伝わってきます。レジェトレックスとの併用ですが!効果はすごいです。レジェトレックスやシンサレートやフェルトやオトナシート等使った事がありますが!これが一番効果が感じられました。と言うことは、冬に雪が積もっても融けにくいということです。たぶん!閾域下(無意識)にデッドニングの効果を認識しており!相対的にそれ以外の音が(意識的に)気になりだしたと言うことなのだと思われます。制振シートは遮音剤として機能しますので!本製品を貼り付ける前の時点で既にかなり消音されています。感覚的には、暑さ3割減という感じでしょうか。